カットマンマニアの卓球ブログ

カットマンを応援する卓球ブログです

動画

フィルス × TENERGY05

ギリシャのギオニスが27位に下がったため、一応現時点で男子世界ランク23位と一番上になっているフィルス。 ラケットがティモボルスパークから朱世赫になりましたが、ラバーは変わりませんでした。 粒高はフェイントロング2も試してみて、3の方が切れるそ…

全中運動会2017 馬龍 vs 馬特

馬龍はカットに滅法強いので勝つのは難しいですが、1セット取るなど善戦。 かなり切れている馬特(Ma Te)のバックカットは表ソフト。 クルクルと反転してフォアでも表カットをしています。 三球目攻撃の弾道がすごいですね、粘着ラバーならではという感じ。

インターハイ2017団体戦 木造勇人(愛工大名電) vs 内田涼哉(鶴岡東)

今大会で単、複、団体と三冠を達成した木造選手に対して、ナイスプレーです。 内田選手は団体のみの出場でした。

松下社長のカールP-4

動画の中で触れていますがバックの粒高はカールP-4。 現役でバタフライと契約をしている時はフェイントロング3でした。 ラケットは変更なければ、VICTAS 松下浩二ですね。 生でプレーを観れた人が羨ましいです。

気になる動画2点

ヨーロッパチャンピオンズリーグでの、元中国NT 徐輝との試合です。 昔は天才肌でボールタッチが上手い選手というイメージでしたが、許シンに勝利した頃から前陣でのスピードとパワーがかなり伸びた感じ。 最後の1点は痺れました。 村松選手は危なげなく勝利…

2016 ITTF グランドファイナル 村松雄斗選手の試合

vs U-21 張本智和 vs U-21 廖振珽 vs サムソノフ vs 許シン 許シンのドライブは回転量がすごそうですね、抑えるので精一杯という感じでしたが、張本選手とサムソノフに勝ったのはお見事です。 先日の男子選考会では大島選手に負けてしまっていますし、対フィ…

2016 World Champion Challenge

世界チャンピオンが現役選手に挑戦するチャレンジマッチ。 現役選手のカットボールを持ち上げるのは身体に響きそうですね…。 巨大ラケットを持ち出したりと和やかなエキシビジョンでした。 ロスコフ vs 陳衛星 ワルドナー vs 朱世赫

2016 ITTF 中国オープン R16 樊振東 vs 村松雄斗

2014年のユースオリンピック決勝で激闘を繰り広げた2人による、両国が注目する期待の一戦。 樊振東の筋肉が大きくなっており、以前より増してフォアハンドが力強く非常に安定しています。 村松選手は強打を捌きつつ反撃しなければなりません。 当時、表ソフ…

ポーランドスーパーリーグ Gionis Panagiotis vs Harmeet Desai

観客席が近いポーランドスーパーリーグからの一戦。 このアングルで観ると迫力が違いますね、ギオニスのドライブの伸びがすごいのですが用具は変更無しでしょうか。 彼の名前が着いたシリーズがありますが、以前はコルベルのままでした。 攻撃用ラケットでカ…

2016 ITTF クロアチア・オープン

ドイツリーグ参戦後初のオープンとなった村松選手。 U-21、一般を優勝と、東京五輪に向けて良いスタートを切ったのではないでしょうか。 サービス時にラケットがアップになるのですが、サイドがボロボロになっているんですよね。練習の跡がうかがえます。 ま…

2016 ドイツリーグ 村松雄斗 vs Liang Qiu

今夏からドイツリーグに参戦している村松選手。 リオオリンピック期間中代表ではないのでしばらく見ることができませんでしたが、肩まわりに筋肉がついたように見えます。 対する相手はドイツのLiang Qiu。21歳でWR280位ほどの選手です。

五輪の感想

今大会、シングルスで銅メダル、団体で銀メダルと水谷選手にとって最高な舞台だったのではないでしょうか。 プレー領域が中陣から前中陣に変わったことによる速い卓球が見事に決まったように思えます。カウンターや、バックハンドのストレートが何度も決まっ…

2016 ITTF 平壌オープン リ・ミョンスン vs キム・ソンイ

2016 ITTF 平壌オープン リ・ミョンスン (RI Myong Sun) PRK WR.24 キム・ソンイ (Kim Son I) PRK WR.115 先輩後輩対決になった平壌オープン決勝。 参加国がほとんどなく、中国2軍と北朝鮮の交流戦みたいな大会でした。 両選手は用具もプレースタイルも似て…

水谷隼がリオ五輪第四シードを獲得、来季はオレンブルクでプレー

水谷隼が荘智淵と争っていたリオ五輪の第四シードを獲得したそうです。 ポイントが接戦だったため、第四シード獲得は大ニュースです。 準決勝まで中国勢と対戦しなくて良いのはメダル獲得に大きなチャンスですね。 また、参戦しているロシアリーグでは、オレ…

2016 ITTF 韓国オープン 朱世赫(Joo Se Hyuk) vs 荘智淵 (Chuang Chih-Yuan)

2016 ITTF 韓国オープン 朱世赫 Joo Se Hyuk KOR WR.13 荘智淵 Chuang Chih-Yuan TPE WR.7 もう35歳ではありますが、前陣での両ハンドドライブが強力な荘智淵。 朱世赫のキレと安定感のあるカットをどう攻略するのでしょうか。 カット球を持ち上げているだけ…

2016 ITTF 韓国オープン 及川瑞基 vs 朱世赫

2016 ITTF 韓国オープン 及川瑞基 OIKAWA Mizuki (WR.124) JPN 朱世赫 JOO Se Hyuk (WR.13) KOR 今大会、江宏傑(WR.65)、張本智和に勝利している及川が朱世赫に挑みます。 最近は朱世赫がオープンに出てくれるので嬉しい限りですね。若手全員にこのカットの…

2016 ITTF 韓国オープン 佐藤瞳 vs Li Fen

2016 ITTF 韓国オープン 佐藤瞳 SATO Hitomi (WR.124) JPN Li Fen (WR.13) SWE Li Fenは、女子には珍しい後ろから両ハンドで打ち合えるパワー系。 ツッツキで前に寄せた後の攻撃がかなり速く、佐藤は終始防戦一方に見えます。 というのも、ここ最近のツアー…

2016 ITTF ジャパンオープン 塩野真人 vs Par Gerell

2016 ITTF ジャパンオープン 塩野選手とPar Gerellの試合です。 相手は変化サービスが上手い左利きの選手です。 塩野選手は台の中央で構えているのですが、スイングとインパクトを見て、かなりフォアサイドまで回りバックの粒高でレシーブしていますね。

2016 ITTF ジャパンオープン Wang Xi vs 宮本幸典

ブンデスリーガ最強のカットマン Wang Xi (王熹)と宮本幸典の試合です。

2016 ITTF オーストラリアオープン 女子ダブルス決勝 橋本帆乃香&佐藤瞳 vs Lay Jian Fang/Miao M

2016 ITTF オーストラリアオープンの女子ダブルス決勝の動画です。 橋本&佐藤のカット組と対するは、粒高使いのベテラン Lay Jian Fang。 カットに対して粒高で叩くと独特な軌道の前進回転になるため、コースを狙われるとやり辛そうです。

2016 ITTF オーストラリアオープン 石垣優香 vs 早田ひな

2016 ITTF オーストラリアオープンの決勝、石垣選手 vs 早田選手の試合です。 今大会、準々決勝からカットマン3連戦となる早田選手。 切れたバックカットと鋭い攻撃の石垣選手との試合です。

2016 ITTF オーストラリアオープン 石垣優香 vs 加藤美優

2016 ITTF オーストラリアオープンの準決勝、石垣選手と加藤選手の試合です。

2016 ITTF オーストラリアオープン 佐藤瞳 vs 早田ひな

2016 ITTF オーストラリアオープンの準決勝、佐藤選手と早田選手の試合です。

2016 ITTF オーストラリアオープン 石垣優香 vs 芝田沙季

2016 ITTF オーストラリアオープンの準々決勝、石垣選手と芝田選手の試合です。

2016 ITTF オーストラリアオープン 橋本帆乃香 vs 早田ひな

2016 ITTF オーストラリアオープンの準々決勝、橋本選手と早田選手の試合です。

2016 ITTF スロベニアオープン 水谷隼 vs 荘智淵

優勝おめでとうございます。 フルセットの激戦となった決勝。 今大会、水谷選手は体調不良でかなり過酷だったようです、準決勝、決勝と違うタイプの強豪だったため手応えのある優勝ではないでしょうか。 スロベニアオープン優勝しました(#^.^#)今までの人生…

2016 ITTF スロベニアオープン 水谷隼 vs 朱世赫

白熱の大接戦。 2セット目以降連取されましたが、なんとか持ち直すことができました。 ストップするとそのまま攻撃されるので、最後にはパワーで押し切るプレーでの攻略。 カメラのアングルが良いので、カットの軌道がよくわかります。 フォアカットはサイド…

2016 ITTF スロベニアオープン 準決勝までまとめ

今大会、ランク28の香港の若手・何鈞傑に勝つなど13歳の張本選手が大活躍しています。 いやー強いですね、ショートモーションのバックハンドからの前陣速攻がかなり効いていました。 単純に打ち合いになってしまうとパワー勝負で負けてしまいますが、身体が…

キム・キョンアが国際舞台へカムバック

キム・キョンアがカムバックです。 相手はランク69の呉佳多。実は二人共同い年で39歳のベテランです。 往年のフットワークは落ちていますが、カットの安定感は衰えず。 このあと、Round of 32で、シンガポールの馮天薇にフルセットの末負けてしまいますが、…

シェークバック粒高について

はじめまして。 自分は卓球歴4年目の高校一年です。 レシーブが苦手なため粒高をシェークのバックに入っているのですが、長いナックルボールをバックに打たれ、粒高で返球したところを打ち込まれるというパターンで負けることが多くなりました。 中学で効果…