カットマンマニアの卓球ブログ

カットマンを応援する卓球ブログです

OS X 10.10 Yosemiteのクリーンインストール方法

MacBookAir Late2011をOS X 10.9 MavericksからOS X 10.10 Yosemiteにアップデートしたところ、全体的に動作が重くなったので、クリーンインストールしてみました。 

 

1.R + Commandを押しながら起動します。

f:id:is0me2:20141018161126j:plain

 

2.ディスクユーティリティを選択

f:id:is0me2:20141018161127j:plain

 

3.消去タブで、データを消去。

f:id:is0me2:20141018161128j:plain

 

4.空き容量と容量がだいたい同じになりました。

f:id:is0me2:20141018161129j:plain

 

5.ディスクユーティリティのウィンドウを閉じて、OS Xを再インストールを選択。

f:id:is0me2:20141018161130j:plain

 

7.あとは通常と同じです。

f:id:is0me2:20141018161131j:plain

 

クリーンインストールは、ゴミが残らず完全に初期化された状態で新しいOSが使えるメリットがあります。

クリーンインストール後、外付けハードディスクにバックアップしたファイルや、設定ファイルを反映したところ、かなりサクサク動作しています。

クリーンインストールをする前に、一度OS X 10.10 Yosemiteをインストールしておく必要があり2度手間ですが、1年に何度もやる作業ではないのでオススメです。

広告を非表示にする