カットマンマニアの卓球ブログ

カットマンを応援する卓球ブログです

卓球王国2015年4月号は用具特集!

f:id:is0me2:20150223012147j:image

卓球王国2015年4月号は全日本ランカーの用具、プラボール対策など用具関連の特集多し。とても参考になりました。

卓球王国は電子書籍がないので、実家で買ってもらい用具関連のページだけ写メを送ってもらいました。Kindleで購読したい。

 

水谷選手は球離れ速いプラボール対策としてSPZLCからZLCに変更したそうです。両面はテナジー64になっていて、その中でも硬めのスポンジを使っているとのこと。神選手もカーボンから木材7枚合板へ変更していて、用具変更派は球持ちを良くする傾向ですね。

 

カットマン・野中選手のこだわりでは、テナジー64・FXからタキネスチョップに変えたお話が読めます。ラケットは守備用の特注木材5枚合板で、フォアがタキネスチョップ、バックはフェイントロング2。全日本女子ランカーの佐藤選手もフェイントロング2でした。

 

全日本ランカー用具を見ると、8割くらいの選手がテナジーが使用というすごい割合ですが、男子・森園選手はキョウヒョウ王にフォアはテナジー05でバックがファスタークG-1というメーカーの垣根を超えた組み合わせ。

女子は木材合版のラケットが多く、石川選手はクリッパーCRWRBにフォアがファスタークG-1、バックがテナジー64でした。

裏ソフトはテナジー、ファスタークG-1が人気。

バック表前陣速攻が多い女子ではモリストSPが3人、ハモンドFAが一人で、卓球ショップで人気のブースターSAとかビクタスが入っていませんでした。

カットマンの2人は、閃霊とパチスマ2。回転系の表です。

 

カットマン石垣選手が使っているP12(PROJECT 12)が試したいなぁ。

f:id:is0me2:20150222204718j:plain

オーダーメイドのラケットを販売するsoulspinのラバーで、日本で発売する際には6300円くらいと予想。

シートは日本製、スポンジは中国製、接着技術はドイツ。硬度が53度と硬めです。

 

そういえば、ドニックの粒高・スパイクが昨日からネットショップで発売されています。

説明文だとブチ切れカットはスパイクP1方が強力なイメージ!

用具マニアな人のレビューが楽しみです!

広告を非表示にする