カットマンマニアの卓球ブログ

カットマンを応援する卓球ブログです

ITTF ジャパンオープン 2015 準々決勝

村松選手負けてしまいましたねー、最初は勝てそうな雰囲気だったので残念です。

尚坤選手はところどころミスがあって、表情も厳しかったのですが、村松選手の攻撃にミスが多かったことと、カットが単調な感じでした。

粒高のカットは切れているようですが、単調になると、中国勢はすぐ慣れてしまうので変化が必要ですね。

粒高でいくなら変化が強いカールP-1Rに変えるのも選択にあるかと思いますが、元のスーパースピンピップスも見てみたい。

吉村選手は朱世赫選手撃破おめでとうございます。

カット打ちとは思えない強打が何度もバックサイドを抜けたり、同じモーションで左右に打ち分けられるとは。

朱世赫選手はいつものように落ち着いてカットの体勢をキープできていなかったと思います。

年齢によるバテもあると思いますが、世界最高のカットマンを強打で攻略したのはお見事でした。

広告を非表示にする